子供のわきがは親が意識して対処した方が良い

調べてみると治療法はたくさんある

子供 わきがわきが遺伝する確率は80%!

わきがが原因で化膿してしまった清潔にするために毛を処理させる調べてみると治療法はたくさんある

近年は切開しなくても汗腺を除去できる治療方法もあるので興味はありますが、内容を調べてみると熱で破壊する方式であり、麻酔で痛みがなくても施術後に腫れができるなど肌にかかるダメージが少ないとは言えない方式なので利用していません。
汗疹の化膿で偶然にも汗腺が減ったことで、現在のわきの手入れだけでもそれほど問題にならない程度になっており、毎年続けても費用の負担が大きいものでもないです。
治療を受けるとその費用だけでも高額になり、さらに副作用が出てしまえば追加で負担が発生し、わきにも大きな跡が残ってしまう危険性があります。
子供も自分の体質は理解しており、このような治療は受けたくないと言っているので、利用は検討していません。

スポーツの汗も遺伝が心配な子供のわきがも海外デオドラントのスピードスティックで解決https://t.co/DTkYiXUaXM pic.twitter.com/2UvucoOrTP

— iinioi (@iinioi_info) 2017年1月29日
これは私の子供の体験であるため、肌の強さに問題がなく、アレルギーもない体質であれば、根本的な治療をするために手術を受けても良いのではないかと考えます。
肌が弱くなければ汗疹が化膿する状況になる可能性は低いと思いますが、臭いだけでなく肌のトラブルが起きてしまう危険性もあるので、親の方が意識して対処した方が良いです。
わき毛を剃ることに抵抗がなければ定期的に剃っておき、制汗剤の効果が高くなるようにすると良いでしょう。
このような対処療法では効果が出ないほど重いわきがであれば、手術で汗腺を除去することも検討が必要だと考えます。