子供のわきがは親が意識して対処した方が良い

わきがが原因で化膿してしまった

子供 わきが | わきが遺伝する確率は80%!

わきがが原因で化膿してしまった清潔にするために毛を処理させる調べてみると治療法はたくさんある

子供わきがは本人が困っていると相談して来ない場合でも、親が臭いや衣服に付着している汗の状態で対処するべきか判断した方が良いと考えています。
その理由は自分の経験からであり、元々臭いは感じていたので話はしていたものの、対処などは考えずにそのままにしていた結果、小学4年生頃に肌が弱かったことも影響して、わきに大量の汗疹ができて化膿してしまう事態になったからです。

両脇ともその状態になってシャツのわきの部分には血が付いており、状態も酷く痛がっていたので病院に連れて行って治療してもらいました。
このときの化膿で偶然にもわきがの原因である汗腺が少し減ったようで、以前よりは臭いも汗の量も少なくなり、わきに汗疹もできなくなったのは幸運でしたが、それでも根本的な治療を行ったわけではないのでまだ臭いは残っています。
中学になる頃には臭いや汗の量が増えてきたようで、少しですが汗疹もまたできるようになってきました。
このままでは再び化膿してしまうのではないかと心配だったので、子供には自分でできる汗の対処をさせています。